お見合い結婚とは?お見合いのメリットデメリットと注意点を解説

お見合い 婚活のノウハウ

お見合い結婚とは、第三者が仲人となり結婚を前提に出会うことを指します。

相手の条件をみてお見合いをするため、割り切った出会いと感じる方やお見合いでの出会いにためらってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、お見合いをするか迷っている方にお見合い結婚のメリット・デメリット、注意点を解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

お見合いとは

お見合い結婚

かつての日本は、親同士が決めた相手や勧められた相手とお見合いをして結婚するといったケースが多くありました。

その時代のイメージを持たれている方にとっては、お見合いはあまり良い印象ではないかもしれません。

ただし、現代のお見合いは第三者が仲人となり結婚を前提に出会うことを指します。

第三者とは、かつてのお見合いのように親同士というだけではなく、親族や会社の上司、結婚相談所など様々なケースがあります。

いずれも真剣に結婚を考えている方と出会いやすいため、結婚に発展しやすい傾向にあります。

また、結婚相談所でのお見合いの場合は、婚活アプリのように低価格で利用できるサービスではないため、さらに結婚に本気の方との出会いやすいと言えます。

お見合い以外の婚活の方法

お見合いは婚活を目的としていますが、婚活と言っても、その種類はさまざまあります。

しかし婚活の定義は、すべて「結婚をゴールとしていること」。

最近はお見合い以外にも様々な婚活の方法があります。

  • 結婚相談所
  • 婚活アプリ
  • 婚活イベント
  • 婚活パーティー

結婚相談所

結婚相談所は結婚を希望する独身の男女に、異性との出会いから交際までのサポートを一貫して行うサービスのことです。

結婚相手になる気になる相手を見つけることを目的に、アドバイザーの方のサポートを受けつつ婚活ができます。

婚活アプリ

婚活アプリは結婚を希望する独身の男女を対象にした出会いを作るためのサービスのことです。

婚活アプリは結婚相談所と比べて料金が安く、気軽に始めることができることからも最近は婚活アプリの利用者が多くなっています。

アプリにもよりますが、結婚相談所に比べて会員数も多いため出会いの幅が広がると言えるでしょう。

婚活イベント

婚活イベントは、大きな会場や飲食店を貸し切って行われる婚活を目的としたイベントのことです。

婚活イベントでは、アニメ好きのための婚活イベントやスポーツ好きのための婚活イベントなど共通点を見つけやすいイベントが多くあるため、趣味の延長線上で出会いを見つけることができます。

参加者が選べなかったり、1日限定だったりとデメリットもありますが、友人と参加できたり気軽に出会いを探すことができるためカジュアルな気分で参加できるでしょう。

婚活パーティー

基本的に婚活パーティーは、1対1で会話をする時間が設けられているため、自分から声をかけることが苦手な方でも安心です。

会話時間も短く設定されているため、沈黙になることも少なく、気軽に参加できます。

気になるお相手とマッチングしたあとは、婚活パーティー後のデートまでの時間が短くできることも特徴です。

お見合いのメリット

お見合いのメリットは以下の通りです。

  • 結婚までがスムーズ
  • 信用できる相手と出会える
  • 恋愛結婚よりも離婚率が低い

結婚までがスムーズ

お見合いは男女共に結婚を前提として出会うため結婚までがスムーズな点がメリットです。

恋愛の場合は、交際をしてみないと相手の結婚観がわからないといった可能性も考えられるだけでなく、時間もかかるでしょう。

その点、お見合いはお互いが結婚を前提にしているため出会ってすぐにお互いの結婚観を話し合うことができ、結婚までがスムーズに行きやすいと言えます。

信用できる相手と出会える

お見合いは親や親戚、知り合いからの紹介や結婚相談所からの紹介で出会うことになるため信用できる相手と出会えるといったこともメリットです。

さらに結婚相談所でのお見合い場合は、身分証明書や収入証明書、資格証明書などの提出が義務付けられている場合がほとんどのため信用度も高いと言えます。

恋愛と比べてお見合いの場合、事前に相手のプロフィールを確認してから顔を合わせるため、年齢はもちろん家族構成、趣味など自分の希望する条件の人と出会えることもも特徴的です。

恋愛結婚よりも離婚率が低い

お見合い結婚の場合、恋愛結婚に比べて離婚率が低い点もメリットです。

実際に恋愛結婚での離婚率は約30%超、お見合い結婚の離婚率は約10%と言われています。

お見合い結婚の離婚率が低い理由として、自分だけでなく第三者からの紹介や推薦で出会うため、客観的に自分に会う相手と出会うことができるといった点が挙げられます。

お見合いのデメリット

お見合いのデメリットは以下の通りです。

  • 結婚相談所でのお見合いは料金が高い
  • 恋愛のようなドキドキ感が少ない
  • 条件で相手を見てしまう

結婚相談所でのお見合いは料金が高い

結婚相談所でのお見合いの場合、親や親戚、知り合いからの紹介やイベント、パーティーのお見合いに比べて料金が高い点がデメリットです。

結婚相談所によっても様々ですが、結婚相談所の初期費用は10〜30万円程度必要になります。

それに加えてお見合いの度に料金が発生したり、成婚が決まったら成婚料が発生したりと結婚までに何かと費用がかかります。

最近は料金が低く設定されている結婚相談所も多数ありますが、なるべくお金をかけたくない人にとってはデメリットでしょう。

恋愛のようなドキドキ感が少ない

お見合いは恋愛のようなドキドキ感を味わえる可能性が低い点もデメリットです。

結婚相談所でのお見合いは、顔や年齢、職業、年収などプロフィールを見て相手を探していくためドキドキ感を味わえる可能性が低いと言えます。

もちろん恋愛のようなドキドキ感が全くないわけではありませんが、恋愛のようにドキドキ感を味わいつつ婚活がしたいといった方にはデメリットとなるでしょう。

条件で相手を見てしまう

お見合いは条件で相手を見てしまう点もデメリットです。

上述したようにお見合いは相手のプロフィールを見て自分の条件に合う人を探していきます。

条件ばかりに目がいってしまい、自分と相性が良い相手を見逃してしまったり、逆に条件は良くても自分と相性が合わなかったという恐れも考えられるでしょう。

そのため、お見合いの際には相手の内面もしっかりみることが重要です。

お見合いの注意点

お見合いの注意点は以下の通りです。

  • 過去の恋愛を深掘りしすぎない
  • 話す・聞くのバランスを考える

過去の恋愛を深掘りしすぎない

お見合いの際に相手の過去の恋愛を深掘りしすぎないよう注意が必要です。

確かにお見合いの際は、これから交際する可能性がある相手の恋愛歴は気になります。

ただし、過去の恋愛を深掘りしすぎることで相手が不快に感じる可能性もあります。

どうしても気になる場合は、深掘りしすぎない、アドバイザーに聞いてみるなど相手への配慮を忘れないよう注意しましょう。

話す・聞くのバランスを考える

お見合いの際は、話す・聞くのバランスが重要です。

お見合いは時間制限があるため、「自分の話をしすぎて相手のことを知れなかった」「自分の話ができなかった」となってしまう可能性があります。

あくまでお見合いは、自分を知ってもらう、相手を知ることを目的をしているため、話す・聞くのバランスを考えてお見合いをしましょう。

お見合いも貴重な出会いの1つ

お見合いと聞くと、「出会いがない人が行うもの」「お見合いをしていると知られたら恥ずかしい」と感じる方も多いかも知れませんが、そんなことはありません。

もちろんメリットやデメリットはありますが、お見合いは貴重な出会いの1つです。

行動すれば良い出会いがある可能性が上がるため、お見合いに興味がある方はぜひ挑戦してみてくださいね。