結婚相談所 良縁ネット連盟本部

忙しすぎてなかなか会えない

交際することになりましたが、忙しすぎてなかなか会えません。
相手の都合にも合わせていると、次に会うのが1カ月後…という事にもなりかねません。
それなのに「お見合による交際は3ヶ月」なんて短すぎませんか?

アドバイス

お見合いは、お互いの都合が良い日時で決まります。
平日でもたまにありますが、殆どのお見合いは週末の土日に集中してあります。お見合いはあくまでもスタート地点ですから、お見合いの日程はお見合する当人ではなく相談所同士で連絡し合い決まります。
さて、ここからが本番です。お見合い後、交際に進んでからの時間の使い方というのが婚活する上では非常に重要になります。
お見合い後、2度目に会う約束をご自分達で決めて、ゴールインできるか、ここからが本当の意味でのスタートなのです。

せっかく連絡先を交換したのに、お互いのスケジュールが合わず、なかなか会えない。
電話したけど留守、今度は向こうから電話があるまで待とう。電話をかけたりメールをしたけど忙しいのか?待てども返事がこない。

まだ気持ちの薄いお見合いから入った交際ではよくありがちです。
でも、お互いにこの調子では、婚活になりません。

お見合い後、1ヶ月以内に3回以上会ったカップルは成婚に向けての交際に進展していく確率が高いという事です。

お見合い後翌週にもう1度会って、その後も頻繁に会い続ける2人と、
お見合い後なかなか会えずに次に会ったのが1カ月近く先、その後もあまり会っていないという2人とでは結婚の確率やスピードが断然違います。

頻繁に会っているという2人は確実にご成婚が決まります。

そこにはもちろん2人の気持ちの盛り上がり方も急上昇しているということもあるでしょうが、それだけではないと思います。
結婚相談所のお見合いは結婚という明確な目的を持っての出会いなので、交際に入ると、自分の使った時間や取った行動を無駄にしたくない、という意識も働くようになるのです。

「忙しい中、これだけの時間をあの人のために費やした…、でもやっぱり断ろう」とはなりにくくなるし、頻繁に出会った相手には情が湧いてくるものです。
ですから、お見合いして交際に進んでからの時間の使い方は非常に重要となります。

忙しいとか、気持ちがまだ薄いとか、ちょっと面倒だなとか、なかなか会えないという理由は困りものです。

お見合い後の近況報告を聞けば、ずっと相手の様子を伺っていたり、ずっと相手の出方を待っていたり…ただ時間だけが長引いていくだけというケースもあったりします。
これでは交際が前へ進まず、気持ちも冷えていくのは当たり前です。

多少はちょっと無理してでも会う時間を作って会わないと、気持ちの変化も訪れないし、頻繁に会うことさえありません。

モバイルバージョンを終了